ぐぐっ!飛距離の出るスライスの打ち方

ぐぐっ!飛距離の出るスライスの打ち方

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

プロの真似をすることは、
上達方法の一つです。

参考にするプロが出来るだけで、

また違った楽しみや技術が身に付きます。

バッバ・ワトソン選手の特徴は、
なんといっても飛ぶスライスです。

ティショットをスライスで打つと、
飛ばないイメージですが、
バッバ・ワトソン選手のスライスは
風を切っていき、飛距離が出ます。

Sponsored Links


広めのオープンスタンスで構える事により
足元が安定します。

そのため、テイクバックのときに左足、
打った後は右足が適切に踏ん張れます。

この時、両足は共に地面につけます。

テイクバックでは、
左の踏ん張りと体のひねりを意識します。

フォロースルーでは、右の踏ん張りと
クラブヘッドが振り切れて行く
遠心力を意識します。

クラブの振り切り、クラブの返し、
遠心力によってトップスピードが上がる
この3つにより、飛距離が伸びるのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ