どうしても寝るクラブを矯正するスイング練習法

どうしても寝るクラブを矯正するスイング練習法

クラブがどうやったら寝なくなるかという練習方法を
ご紹介したいと思います。

右手をかぶせるような感じで握っている方が
多いと思うのですが

これだと実際にスイングした時に
手元が先に行き、クラブフェースが開いてインパクトしたり
右へのミスが多くなったりします。

練習法としては、
第一段階としては、人差し指をグリップに添えて
親指を離して握ります。

Sponsored Links


そして、そのままテイクバックして
中指、薬指と人差し指で押しながら
ダウンスイングすると
クラブが寝ないで入ってきて
さらにこのまま身体の回転で打てます。

人差し指を添える形ではなく
グリップを右手全体でかぶせるように握るのは
悪い例です。

これだと寝た状態でしか入ってこないため、
どんなことをしても決して立たなくなってしまいます

そのため、中指・薬指・人差し指で押さえこんで
いくことが大切です。

ポイントは親指です。

最終的には握るのですが、まずは
親指をなんとかして浮かして練習するのがおすすめです。

ダウンスイングを始めた時に
まずは人差し指で押し、ゆくゆくは
第一・第二関節のところで押すようにする。
そして最後に親指をそっと添えていただく。

よろしければこれで練習してみていただくと
クラブが立ってくると思います。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ