アイアンで上がらない方へ!原因と解決法

アイアンで上がらない方へ!原因と解決法

高い球を打つ練習についてお話しします。

ボールを上げようとすると、
実は反対に上がらないものです。

本来ならばボールを上げようとする動きは
ゴルフでやってはいけない動きになります。

これは、ロブショットのみ
許されると思ってください。

さて、ボールが上がる理由は何ででしょう。

Sponsored Links


ボールにディンプルと呼ばれる
くぼみがあります。

クラブフェイスが
ダウンブローに入って
ボールがずれ上がり、

その時の正しい縦回転でディンプルが
空気を拾って高く上がるのです。

決して、自分で上げるのではない
ことを覚えていてください。

6番アイアンのロフト、
ピッチングのロフトと
アイアンそれぞれにありますが、

ロフト以上の球を
打ち上げようとしてはダメです。

自分で上げようとすると、
肩は下がるし当たったとしても
距離が出なくなってしまいます。

特に女性はインパクトが弱いので、
上げようとしてもなかなか上がりません。

肝心なのは、
しっかりとダウンブローで打つことです。

そして球を上げるには
ヘッドスピードが必要となります。

数あるアイアンのロフトが
全部違うのには意味があります。

ロフトが自然に上げてくれるから
まかせればいいのです。

それでも思い切りボールを上げたい時、
例えば、木を越えたい時などは、

アドレスから木を越えていく
イメージをもって打ちましょう。
アドレス=インパクトです。

目線を上に構えて、
下半身がリードしないと
球は上がりません。

目標を決めて、
最初から右肩は落とし気味で、
頭で考えているイメージが、
ヘッドに伝わるように打ちます。

繰り返しますが、
ボールを上げることは
普段はやらないようにしましょう。

ボールを上げるためには、
逆にアイアンで低い球を
打つことを練習する
上がるようになります。

アイアン名手になるために、
普段から球を上げようとするのではなく
低い球を打つように
練習していきましょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ