アイアンで飛ばない方は下半身左サイドをチェック

 

アイアンで飛ばない方は下半身左サイドをチェック

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

アイアンの基本、
飛距離を出すためのお話をします。

飛距離を出すのに
身体の大小は関係ありません。

ドライバーは早く振ると
飛距離が出るのに対して

アイアンというのは
飛ばそうとすると
力を入れてしまいがちです。

Sponsored Links


アイアンは、一番は真にあてる
インパクトが大事です。

通常のロフトよりも、
ちょっとダウンブローで
インパクトする必要があります。

女性の方は特にインパクトが弱いので、
全体がなぞるようになりがちです。

男性でも同じ様な現象が見られ
手で打とうとしてしまうために、
飛距離が出ません。

その結果、
何番のアイアンを使っても飛距離が同じ
ということになってしまいます。

アイアンの飛距離を出すためには、
下半身が重要です。

特に左サイドが重要です。

サッカーのフリーキックを
思い出してみてください。

走ってきて、蹴る前に一度止まって
力をためていますよね。

ゴルフも同じです。

上体を右にねじって、
左に切り替える時に一度止めることで
上手く力が使えるのです。

上体と下半身のねじれる時間差を
うまく使うことで、
さらに力がしっかりと伝わります。

では、練習方法です。

特に下半身の左サイドをしっかりと
意識していきます。

振り上げてから、
左で踏み込む練習です。

踏み込んでも、
下半身だけで上半身は
流さないでください。

上体をあげてから踏み込みますが、
左膝は伸ばしません。

上体をねじって上げながら、
踏み込む時間差が大事です。

上げながら、踏み込むです。

この感覚を養う練習をしておけば
ロフトも上を向きません。

アイアンの飛距離を出すためには
下半身のフットワークが肝心です。

足のリードからやらないと飛距離は出ません

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ