アイアンのスライスの原因と矯正法

アイアンのスライスの原因と矯正法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

アイアンでの悩みは
ダフやフック、スライスなどです。

狙った所に打っても右に
行く人が多いのは構えている所に

戻らないで体重移動して、
体が横に流れていくからです。

そういった打ち方は、
クラブフェースの戻りが遅い分、

フェースが開き、狙った所より
右へ行ってしまいます。

Sponsored Links


あとは、最初から
アドレスを間違えていて、

打ちたい方向と違う方向を向いていて、
顔だけ打ちたい方向を
見ていることがあります。

アイアンでスライスが多い人は、
体が流れていて、流れてもボールに

当たる時にフェースが
戻ればよいのですが、

戻らずに大体右に
行ってしまうことが多いです。

では、どうすればいいのかといいますと、
意識をフェースに持つことが大切です。

例えば、お箸で豆を持つイメージで、
2つのアイアンを逆さに持ち、

落ちているボールを挟んで
持ち上げようとします。

その時の意識は、手首ではなく
挟もうとするボールの方にあると思います。

つまり、意識は手首ではなく
ヘッドの方にあることが大切なのです。

腕の力で振ってしまうと
狙った所へは行きません。

練習としては、素振りで、
フェースを直角に構え、ゆっくり
アドレスの形からインパクトへ。

フェースを意識して、スローな
練習をすると方向性がしっかりします。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ