アイアンのミスショット矯正の極意

アイアンのミスショット矯正の極意

ゴフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ゴルフはある意味で、

どうやってミスを組み立てていくのか
がポイントで、

どうやってミスを収束するかを
知っておくことが大切です。

そこで、一番大切なことは、
ミスの方向を
一定にさせるという事になります。

Sponsored Links


実際に練習場で打つ時には、
多くの方はついつい真っ直ぐ
飛ばす練習ばかりをしがちです。

しかし、ここで意識して
インテンショナルと言われる、
フック、スライスを打った時に、

どれぐらい球が曲がるのかを知ることは、
ミスを収束させるために役立ちます。

まずピッチングウエッジで
スライスを打ちます。

オープンスタンスで打ってみると、
ほぼ真っ直ぐに飛びます。

ショートアイアンの場合、
意図してフックを打ってみます。

ヘッドを少しかぶせて
クローズスタンスで打った場合、
20ヤード近く左に曲がってしまいました。

ということは、ショートアイアンの場合は
右にミスするイメージで打った方が、
結果的に実はあんまり曲がらないと言えます。

自分で意図して
ミスショットを打つということは、

自分の癖をしっかりと学べる
とも言えると思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ