アイアンの打ち方、基本ポイントをおさえよう

アイアンの打ち方、基本ポイントをおさえよう

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

使用するのは「7番アイアン」です。

まず、セットアップです。
右足、左足の位置を決めて、
ボールは真ん中よりも
左足寄りの位置に置いてください。

グリップエンドは
左足の付け根の前あたりに
来るようにしてください。

顔の位置は、ボールよりも少し
右後方に置くようにします。

アイアンの場合、
「すくわない」というのがポイントです。

Sponsored Links


右足に体重を置いたまま
上のほうに上げるような打ち方をすると、
ダフりやトップといったミスを
しやすくなります。

肩はしっかり回しながらも、
トップでできた左手首の角度を保った状態で
上からぶつけるように意識してください。

左足の外側に壁があると想定して、
体重が左足の壁までしっかり入った位置で
インパクトをするのだと
意識することも大事です。

横から見たときの姿勢は、
背筋をしっかりと伸ばし、
骨盤から前かがみになっているように
してください。

ひざを折り過ぎたり、
前傾姿勢が深くなり過ぎないように
することも大事です。

グリップは、力まずに、
手をだらっと垂らした場所で
握るような感じです。

打つ時の軌道は、
まず、悪い例から御紹介しますが、
バックスイングでインサイドアウトから
球を上げようとする
あるいは極端に打ち込もうとして、
アウトサイドインにならないように
気を付けてください。

練習の段階で、
シャフトが目線ラインと平行になる
ハーフウェイバックを通過するように
意識してみましょう。

ダウンスイングでも、
そのラインからインパクトにおりてくるのを
心がけてください。

アイアンで一番大事なのは、
体重を左足に乗せて打つことです。
バックスイングではある程度
右足に体重が乗るかもしれませんが、
そのままのウエートで回転しないように
注意してください。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ