たったこれだけ!アウトサイドインのスイング矯正法

たったこれだけ!アウトサイドインのスイング矯正法

トップの位置からフォローまでの間に
アウトサイドインになってしまうと
ショットの狙いが安定しません。

アウトサイドに振ってしまう人のほとんどが
バックスイングで右肩が回っていません。

また、ダウンスイングで
上半身が動き始めてしまっているという特徴があります。

Sponsored Links


ではアウトサイドインを矯正する方法として、
どうしたらいいかというと
かかとを軽く上げた状態でスイングをしてください。

難しい方は、右足は上げずに
左足のかかとを上げるだけでも構いません。

こうすることで、
左ひざの伸びが抑えられ、
腰が引かず、捻転したスイングができるようになります。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ