アップライトのスイングをしよう

アップライトのスイングをしよう

スイングを覚えるために、
クラブヘッドが円の軌道を描く
イメージをしながら練習している人が
多いかと思います。

確かにクラブは連続写真で
撮影したものを重ねてみると、
円運動しているように見えます。

実際身体の前傾角度を深くして、
前腕のローテーションを使って
円の軌道を作るスイングをしていた
時代もありました。

ただこのスイングでは、
フェースのインパクトエリアにおいての
ローテーションがやや大きめになるため、
トルクが小さいクラブだと非常に難しくなります。

Sponsored Links


そのために、現在では
若干アップライトのスイングが主流で
少し歪んだ円運動になっています。

クラブを振り下ろしたときに
自然に斜めになって、
円の形を作っているからです。

そのため、アップライトな
スイングの円運動というのは、
腕の縦の動きと身体の回転が同調して
生じています。

クラブを縦に振り下ろす
スイングを身に付けると、
クラブの重さが使えるようになります。

プレイヤー自身の力以外にも
振り下ろす重さが利用できて、
ヘッドスピードがアップするのです。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ