アプローチショットのコツとチェックポイント紹介

アプローチショットのコツとチェックポイント紹介

まず、アプローチショットのときに
トップ(ボールの上方を打ってしまう)が
出がちになってないか確認します。

最初はボールなしでチェックします。
右側にヘッドが来るようにして、
クラブ両手で地面に水平になるように持ってください。

両手ともてを広げて、
手のひらの上に載せて
バランスがとれるような持ち方が望ましいでしょう。

この状態からアドレスを作ります。

Sponsored Links


アドレスが決まったら、
シャフトラインがまっすぐ
水平になっていることを確認してください。

その体勢のままターンしますが、
クラブは先ほどの、手の平に載せて
バランスがとれたたままの
状態になっているでしょうか。

ターンしたときに、
シャフトラインが地面に対して
水平になっているかを常に意識しましょう。

ターンしたとき、
クラブが上を向いてしまうようならNGです。

違和感なく水平状態を保ったまま
ターンできるように、
何度も繰り返しやってみてください。

先ほどまでの動きを踏まえて、
実際に打球します。

正しい動きができいれば、
クラブを振った後の状態の肘の上に、
クラブを水平にのせられる形になっているはずです。

トップが出やすい方の振り方だと、
片側の肘が極端に上がっているので
のせることができません。

どうしてもトップが出てしまうという方は、
「シャフトラインを水平に」を意識して、
ターンの練習を繰り返してみてください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ