アプローチミスを減らすには足踏みをしたらいいわけ

アプローチミスを減らすには足踏みをしたらいいわけ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

今回は「足踏みをするように打とう

お届けします。

アプローチで近い距離を打っていく時に、
足が止まりがちになり、リズムが悪くなって
体が固まってしまうことがあります。

その結果トップやダフリ、
またダフリを嫌がって
トップを打ってしまう、

反対に、トップを打とうとして
ダフッてしまうということになりがちです。

Sponsored Links


これは、手先の動きで
なんとかしようとした結果で、
悪循環を招いてしまうことになります。

その流れを良くするために
足踏みを練習していきましょう。

ミスする原因の一つに、上半身に力が
入ってしまうことがあげられます。

上半身に力が入り、手先でクラブを
コントロールしようとすることによって、

打点が悪くなってしまい、ボールに上手く
コンタクトできなくなります。

よくコンペなどで、
なかなか動かないなと見ていると、
いきなり動いてミスショット!!
という人を見かけます。

それをなくすためには、
今回の足踏みが有効です。

まず、足踏みをしながら
自分の重心の位置を確かめます。

ボールに対して右から左と動くことによって
クラブのヘッドの動きがダウンブローになり
ボールに当てることができます。

足踏みをしながら、自分の重心を揺らし
ボールに対して打点をしっかり前に、
ダウンブローに打っていくことが大切です。

アプローチの構えは、短く、狭く構え、
足踏みをしながらポーンと打ちます。

足踏みをすることによって、
クラブの最下点が左側になってきますので、
ボールにしっかりコンタクトできます。

足踏みして打つことに慣れると、
飛距離が思いがけず出てしまうことが
あるかもしれません。

これは、足踏みによって自分の体の
エネルギーをしっかり伝えること
できるようになったということです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ