インテンショナルスライスでドライバーの飛距離アップ

インテンショナルスライスでドライバーの飛距離アップ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

肘を伸ばす動き、
インサイドに引っ張り込む動きは、
飛距離を伸ばすスウィングには
マイナスになります。

飛距離をアップさせるためには
スライスを意図して打てるようになりましょう。

インテンショナルスライスともいいます。

実際にスライスというのは左に飛んで、
右に曲がっていけばOKなのです。

多くの方の場合、
インサイドアウトの軌道が強すぎて
ヘッドが返らずにプッシュアウトスライス
してしまっています。

Sponsored Links


なので、それをとめるためには、まず
バンカーをイメージして打ってみましょう。

少し、オープンスタンスをとります。少しです。

いつも、バンカーショットを打っている感覚で。
ただ、打ち込みすぎないよう注意してください。

肘を抜くと本当にスライスになってしまいますので
抜かないようにしてください。

多くの方はインサイドに動くことによって、
大きな背中の上の一部しか使っていませんでした。

スタンスを開いてアウトサイドインに
振ることによって腰の上、
腰椎のあたりの筋肉まで捻転できます。

キツイ動きになりますが、
キツさを感じながらスウィングすると
背中の大きな筋肉を使うことができ、
飛距離がアップします。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ