コースでフックが連発する原因と矯正法

コースでフックが連発する原因と矯正法

練習場では打てるのに、
コースでは焦ってフックを
連発してしまうことはありませんか。

こういったミスショットは、
インパクトのときに右手の平が
下を向いているために生じます。

ボールが当たった瞬間に
フェースがかぶってしまうのです。

L字スイングを行ったときに
右手の平が下を向いていると、
フェースが目標を向いていってしまいます。

このような動きで打つと、
間違いなくフックします。

Sponsored Links


フックになる要因としては
ボールを強く叩きたい、
早い段階からフェースをボールの方に向けて
正確にインパクトしたい、
という願望が挙げられます。

そのため、フックは練習場よりも
コースで発生する確率が高いのです。

この動きを改善するのは難しいため、
「右を向いて打つ」という考え方自体は
悪くありません。

ただ、普段の練習から
振り終わった後のL字スイング、
コの字スイング、フルスイングというように
正確なフェースの向きを
チェックしておくと良いでしょう。

さらに、インパクトエリアでは
右手の平は絶対にボールの方を
向かないことを意識して行いましょう。

気楽な練習の段階から、
フックが出たらどうすればいいかを
考えながら取り組みましょう。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ