コースに出るとスライスになる人の原因とは

コースに出るとスライスになる人の原因とは

練習場ではあまりスライスしないのに、
コースに出るとスライスしてしまうことは
よくあります。

普段右手の動きで
スライスを防止していると、
コースに行くと
突然スライスが発生します。

何故そうなるのかというと、
右手でフェースが開くのを抑えていると
ボールに力を伝えるときに
不十分だと感じてしまうからです。

そして、広い場所で飛ばすときに
ボールを叩きたいという気持ちが生じ、
押す動きが入るために
フェースが開きやすくなってしまいます。

ここで問題なのは、
右手でスライスを防止するのが
間違っているということです。

Sponsored Links


実は、スライスは
左手で防止するもので、
右手では通常フックを防止します。

左手で防止するのに大切なのは、
フェースが開かないようなグリップです。

グリップが開く力に抵抗できるような
左グリップを作りましょう。

スライスを防止するのは
決して難しいことではありません。

まず、親指側にある舟状骨という骨が
真上にくるようにしましょう。

親指がセンターよりも
右側に添えられる形ができれば、
フェースが開きにくくなり、
スライスが発生しづらくなります。

さらに、この形を作りながら
左の脇を胸の上に乗せるようにして締め、
腕の内側が上に向くような形で
アドレスします。

そうすると、多少右手で
ボールを叩いてしまっても、
なんとか抑えることができます。

また、身体が回転する力を
ヘッドに伝えやすくなるため、
飛距離も伸びるということです。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ