ゴルフ グリップの正しい右手の握り方

ゴルフ グリップの正しい右手の握り方

今回は、グリップで重要な
右手の形についてご説明します。

一般的に、右手の親指が
クラブの中心よりも左側にくるような
握り方をしている人が多いです。

その理由としては、
クラブは使用する際、ねじるのではなく
まっすぐ動かすものだからです。

そのため、あまり下の方から
クラブを握ってしまうと、
ねじる動作を入れやすくなってしまいます。

Sponsored Links


それをしないために、
右手の親指がクラブの中心よりも
左側にずらしたグリップが大切です。

また、クラブをグーで握って打つと
フェースの向きがわかりづらくなり、
ヘッドが緩慢に動いてしまいます。

右手の親指が左手に
かぶったような形になっていると、
ヘッドの動きを制御できるのです。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ