ゴルフでグッドショットを打つためのコツ

 

ゴルフでグッドショットを打つためのコツ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

球筋をイメージさせます。

構えただけでどの球筋が出るのか、
もしくは打とうとしているのか

アドレスをしっかり作ること
目標になります。

特に後方から見た時に、球筋が
周りにいる方に、この人は

こういう球を狙っているなと
イメージさせるアドレスが
大事になってきます。

Sponsored Links


狙った所に、ある程度飛び出して
落ちるという球筋を作るアドレスを
しっかり確立して下さい。

最後は、ボールに
十分なエネルギーを与える、もしくは
正確にボールをクラブにぶつける、

もしくは自分の体重をしっかりと
ボールに伝える効率のよいウエートシフト
非常に大事になっていきます。

バックスウィングでは
右足にしっかりと体重を乗せ

ダウンからフォローにかけては
かなりのエネルギーが
左足にかかってきます。

インパクトでは自分の体重の1.5~2倍、
更に強いエネルギーがかかってきます。

そのエネルギーを腕、肩、手首を通して
正確に伝えることが大事になってきます。

体重移動は非常に大事になってきます。

クラブの芯で打つ、
オンプレーンスウィング、
自分のリズムとバランス

球筋をイメージさせるバランス、
効率のいいウエートシフト

これが私の考える
ゴルフの基本中の基本であります。

この5つをしっかり身につけることが
上達の近道なので、

このビデオを通してしっかり身につけて
いいスコアを出して下さい。

校長訓話 一、

ゴルフは重心のぶつかり合い

ヘッドとボールの重心がぶつかって
球が飛びます。

上達したいという重い心が、
ゴルフ道を充実させます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ