ゴルフのおすすめ体幹トレーニングのやり方

ゴルフのおすすめ体幹トレーニングのやり方

ゴルフを行うにあたって大切な
体幹の使い方についてです

まずドライバーは使わず、
両足を肩幅くらいに広げます。

腹筋を直接両手で触りながら、
1、2、3のかけ声と共に
スイングのポーズを取ります。

自分の腹筋が動いているのを感じながら
行うのがポイントです。

声が出なくなるくらい、
腹筋を強く使うと良いです。

次に、左手を少し前に出して、
腹筋の真ん中くらいを右手で触りながら
スイングのポーズを取ります。

そのときに左サイドの腹筋が
ギュッとねじれて、
その腹筋が開く意識を
しっかりと持つと、
「体幹を使う」ことが実感できます。

Sponsored Links


次に、ドライバーを持って行います。

左手で短くドライバーを持って、
足元だけクローズスタンスを取ります。

右手は腹筋を触り、
自分の腹筋のねじれを感じながら、
ヘッドを動かす意識を持ってスイングします。

かなり苦しいはずです。
練習ではこれを3回行いましょう。

この練習を繰り返し行うことによって、
腹筋も確実に使えるようになります。

男性・女性・プロ・アマチュア問わず
常に腹筋を使う意識を持つことによって、
距離は着実に伸びていきます。

決して力は入れすぎず、
ボールに良い角度で当てられるように
入射角を意識しながら
ゆるやかに行いましょう。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ