ゴルフのスイング時の足の使い方

ゴルフのスイング時の足の使い方

足の使い方についてご説明いたします。

まずは
バックスイングをした時に左足を上げて
ダウンスイングをする前に左足を落としてから
振っていきます。

振り上げる時に上げて、
切り返す時に下ろします。

この練習でどんな効果があるかというと、
下半身からしっかり切り返せるように
なります。

皆さんどうしても
上から下というのが一緒になってしまったり
逆に下が止まってしまったりしてしまいますので

足のタイミングを
作っていくことが大切です。

Sponsored Links


もうひとつの練習は
バックスイングをした時に今度は右足を上げ
切り返す時に足をついて
スイングする方法です。

右足は少しだけ上げれば良いです。

これは
バックスイングでどうしても下半身が
回りすぎてしまう人が、
腰の位置をとどめておくのに役立ちます。

傾斜とかの練習にも良いです。

練習をしていると
だんだん足をついて切り返すタイミングが
掴めてくると思います。

ぜひ試してみてください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ