ゴルフの基本動作に!プライマリーモーションの練習

ゴルフの基本動作に!プライマリーモーションの練習

プライマリーモーション理論とは、
基本的な動きです。

力こぶが出るように腕をぐっと曲げ、
そのこぶに体を揺すられるようなイメージで
動かしてください。

「動き」を鍛える考え方です。
ゴルフでいえば、アドレスで止めたところから
揺り動かします。

腕を揺り動かしながら、
上に引っ張るようにすると、
自然に体が反っていきます。

一番上まで行ったら、
今度は下方に向かって揺らしながら
体勢を戻します。

おもしろい動きなので、やってみてください。

Sponsored Links


 

股関節を柔軟にするバネトレ

両脚を大きく開いてから腰を落とし、
太ももが床と水平になるように下げていきます。
この体勢のまま、腕を前に組んで勢いをつけると、
ぴょんと軽く跳ねることができます。

その体勢のまま、だんだん脚を閉じ、もう一度開き、
先ほどの太ももが水平の状態になったら、
そのまま右を向いてください。

その後、今度は左を向き、
一旦前向きになってから脚を閉じていきます。
この動きの間、ずっと軽く弾みつづけると、
動きがスムーズです。

 

体幹を鍛えるバネトレ1

きちっと両手を上に伸ばします。
上の方できちっと手を組むと安定します。
その体勢で、体全体を前後に揺すります。
横から見ると水泳のバタフライのような動きです。
おできになる方は、
水泳のバッタを思い出せばスムーズにできます。

 

体幹を鍛えるバネトレ2

膝を曲げて床に手をつき、
カエルのようなポーズをとって、
その体勢のまま上に軽く飛び上がります。
それから、足を後方に投げ出すようにしながら
体を開いていきます。
腕立て伏せのような体勢になるはずです。
そこから徐々に「カエルポーズ」の体勢に戻ります。

こういった動きは、
終始弾みをつけることでスムーズにできます。
単純に「曲げて、伸ばして」の動きは難しいでしょう。
意識して体のバネを生かしてください。

 

ゴルフクラブを使ったバネトレ

リフトワークなどに生かせるトレーニングです。
クラブをしっかりと握り、手ではなく、
足を左右に揺り動かすことで
クラブの先端を揺り動かすイメージをでやってください。

華麗なドローボールや、
再現性の高いスイングの習得などに有効なので、
お勧めのトレーニングです。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ