ゴルフの手首の返し方は2種類ある!

ゴルフの手首の返し方は2種類ある!

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

手首を返す方法は、2種類あります。

自分の腕に対して
クラブが直角この状態で左右に倒す
というのが、一つ目です。

二つ目は、自分の腕を伸ばして
その延長線上に、まっすぐクラブを
伸ばした状態で手首をひねる、

この2種類です。

これを、ミックスさせて
打つと良いんです。

Sponsored Links


打つ時に、
トップになってしまうことはありませんか。

トップは、ボールにクラブが当たる瞬間、
クラブを持っている手の親指が
ボールに対してまっすぐにならず、

手が前に出て行ってしまうから
その結果、クラブの刃に当たって
トップになってしまうんです。

そこで、
有効な練習方法があるんですが、
傘を使います。

傘を開いた状態で、
クラブと同じように振ります。

バックスイングして、
手首を返しながら振り切ります。
バックスイングをしてから振り切る時に
手首が返ってないと、空気の抵抗を受けて
傘がひっくり返ってしまいます。

つまり、手首が返ると、
最後に親指がボールに対して正面をまっすぐ向くという
感覚をつかめるので、大変効果があります。

ドライバーや、アプローチに有効です。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ