ゴルフクラブの振り方の基本、腕の使い方

ゴルフクラブの振り方の基本、腕の使い方

スイングバランスについてです。

身体の動きは、
まず右を向いて、次に左を向くというように、
身体を左右に振るようにしなければなりません。

この時の、腕、手首、肘の末端部分の役目は、
向きを変えていく身体に対して正面に保つ
というのが、一番重要な役目となります。

身体が右に向いている時には、
クラブの位置が同じ方向にあって、
スイング中も同じ所で動いているようなイメージです。

そこで重要なのが、肘と手首の動きです。

だいたいの人は、
肘か手首を、身体の正面を保つために
使っていると思いますが・・・

スイングが小さくなる人は、手首を多く使い、
オーバーなアクションになる人は、
肘を大きく使っていることが多いです。

Sponsored Links


どちらが良い悪い
というわけではないのですが

スイングが大きくなり暴れてしまう人は、
少し肘の動きを静かにしてあげる。

逆に、小さくなりすぎてしまう人は、
手首の動きが多いので、
あまり手首を使わないイメージで
スイングすると良いでしょう。

また、スイングを小さくしたい場合は、
手首を使って少し角度を作って打つ練習をする。

逆に、大きくしたい場合は、
肘を少し大きく動かすと、
スイングの枠は大きくなります。

ですので、
自分の目的や打ちたい球によって動きを調整し、
身体の正面をはずさないように腕を使うと
良いです。

腕を出力やパンチに使うというのは、
本来の目的とは少し違いますので、

あくまでも身体の前に腕があるようなイメージで
練習をしてみてください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ