ゴルフスイングで腰の切り方と間違った練習法

ゴルフスイングで腰の切り方と間違った練習法

プロゴルファーの動きを連写して、
その動きの一瞬だけを意識的にまねしている場合は
すぐに中止すべきです。

この練習の危険な落とし穴について
お話しいたします。

腰が先行して見える、
その一瞬のフォームだけを手本にしてしまうと、
クラブを少し遅らせて、腰が先行するように
意識して練習してしまいます

Sponsored Links


まず、なぜ腰が先行しているのかといえば、
トップオブスイングからクラブが振り下ろされる間に
腰の方が回転するのです。

体勢を横から見るとわかりやすいのですが、
クラブは縦方向に振りおろされ、
腰は横方向に回されます。

つまり、そもそもの動きの方向が違うのです。
その結果、腕の動きが遅れ、
腰の方が「先に行っている」ように見えます。

その一連の動きが重なって初めて
「腰の先行」というものが生じます。

敢えて腕を遅らせれば
スイングがうまくなるわけではありません。

腰を意識的に先行させ、
クラブの振りおろしを意識的に遅らせると、
クラブヘッドが遅れてしまい、
ボールが右に逸れてしまいます。

つまり、見せかけの腰の先行では、
先行しているように見えれば見えるほど、
球が打ちにくくなってしまうのです。

また、スライスが出やすくなるというのも特徴の一つです。

スイングの一瞬だけを真似しても
上達は難しいといえます。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ