ゴルフスイングの手首の動かし方の練習法

ゴルフスイングの手首の動かし方の練習法

ゴルフのトレーニングは大きく4つに分けられます。

1.フィジカルトレーニング
2.モーショントレーニング
3.マネジメント(コースでどこを狙うかなどの戦略)
4.メンタルトレーニング

今回はこのうちの、
モーショントレーニングについてご紹介いたします。

Sponsored Links


モーショントレーニング

モーショントレーニングで、
手首を使うトレーニングをします。

スポーツが得意な人は、
身体能力やテクニックが優れているだけではなく、
「重力」「慣性」といった自然の摂理、物理法則なども
上手にトレーニングに取りいれているものです。

まず、クラブを指先だけで握り、
クラブが時計の振り子のように揺れるように
自然に任せて動かしてみましょう。

角度的には、3時の位置と9時の位置を
行ったり来たりしている感じです。

この場合、どこかに力がかかっていて、
加速しようという意識が働いているのは
好ましくありません。

ただただ自然にぶらぶらとさせます。

そこに指1本分の、力を入れるともいえないくらいの
アシストが入るだけで、
ヘッドスピードは格段に上がります。

クラブのシャフトの真ん中に軽く触れ、押す感じです。

次に、片手でクラブを握り、
腕の振りではなく、手首の動きでクラブを振ることを
意識して行ってみましょう。

この場合も、意識して加速するのではなく、
ヘッドの重みにつられてユラユラと揺れる感じです。

ここまで練習した手首の動き等は、
だんだんと「ゴルフのショット」の型に
近づくようにしていきます。

指1本のアシストが、グリップにもう片方の手を添えて、
両手でスイングするかしないかの感じです。

最後に、ゴルフのグリップといっても
差支えないくらいの動きでスイングしますが、
この場合も、しっかり握るのではなく、
「右手は添えるだけ」をお忘れなく。

この地道な手首の動きが体得できれば、
飛距離を延ばすことも比較的容易になります。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ