ゴルフストレートボールの打ち方のポイント3つ

ゴルフストレートボールの打ち方のポイント3つ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

スライスボールやフックボールなど
ショットが曲がってしまう方のために、
ストレートボールが打てる秘訣
をご紹介します。

まず、ストレートボールを打つためには、
3つのステップが必要です。

一つ目は「自分の欠点を知ること」
二つ目は「理想のスウィングを知ること」
三つ目は「ドリルをこなすこと」

Sponsored Links


この三つのステップを行えば、
必ずストレートボールが
打てるようになります。

一つ目の「自分の欠点を知る」ために、
飛球線後方からスウィングを
チェックしてみましょう。

鏡を見たり、人にチェック
してもらうのも良いのですが、

出来ればデジタルカメラや
ビデオカメラなどを活用して、
自分のスウィングを
撮影することをオススメします。

この場合ビデオカメラは、グリップと
シャフトの境界線の後ろ側に置き、

グリップと同じ高さに位置するように
配置します。

そして、目標を画面のセンターに
置くことが大切です。

ビデオを使うことで、
自分を客観的に見ることが出来、

スウィングチェックを
より正確に行うことが
出来るようになるでしょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ