ゴルフフィニッシュが決まらない方必見の練習動画

ゴルフフィニッシュが決まらない方必見の練習動画

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

プロゴルファーのスイング、
ショットといった動きを

連続写真に撮って中の1枚を抽出し、
その一瞬の動きをマネするような

イメージで、スイングというものを
とらえていませんか。

実はこれは大きな落とし穴、
失敗のもとなのです。

ゴルフのスイングは、写真でいえば、
決定的瞬間が何枚も連続した状態で
構成されています。

つまり、その一連の動きが
スムーズにできるかが大切ですから、

一瞬だけを切り取ってうまくマネできても
正しい型は身につかないでしょう。

Sponsored Links


スイングの中でも、
ご自分がフィニッシュのときに、

クラブをどちらの方向に振り抜いて
いるかを考えてみてください。

フィニッシュのとき、
プロがクラブを高く掲げて

キメている瞬間の写真を見ると、
かっこいいと感じるでしょう。

しかし、この一瞬だけをマネしても、
何の意味もありません。

高く掲げたポーズ「だけ」を
マネるのではなく、

高く掲げたフィニッシュをキメる
までのプロセスで、どんな動きを
しているかを見極めるのが大切なのです。

プロのフィニッシュの瞬間を
もう一度よく見ると、

腕が上がっているだけではなく
体自体も回転していることに
気付くのではないでしょうか。

これは、体が横方向に回転する動きと、
クラブを縦に振り抜く動きが

合わさったときに初めて生まれる
フィニッシュです。

無理に腕の力だけで高い位置に
クラブを持っていこうとすると、

体の動きがスムーズでなくなり、
反り上がってしまいます。

この動きは、ダフりやボールを右に
プッシュボールしてしまう原因となります。

速やかに「腕」を高く振り上げる
という意識は取り去ってしまいましょう。

体を腰の部分で回転させる力と
クラブを縦に振り抜く力

合わさった状態のスイングを
意識していますか。

意識改革だけでそう簡単に
できるようにはなりませんが、

悪いフォームにつながるものは
「しない」と意識することが大切です。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ