ゴルフボールの飛ぶ方向をコントロールする方法

ゴルフボールの飛ぶ方向をコントロールする方法

今回は、ボールの方向性についてのレッスンです。

ボールが飛ぶ方向を決める要素は二つです。

一つは、クラブヘッドが
どのような軌道を描くか。

二つ目は、クラブフェースが
どのような向きになっているかです。

この二つで、ボールの回転方向などが決まり、
方向も決まってくるということです。

まず、クラブヘッドの軌道についてお話しします。

ヘッドの軌道がボールの外側から内側に入ると、
目標の左側にボールが行きます。

Sponsored Links


逆に、ボールの内側から外側に向かって
振り出されると、
目標の右側にボールが飛び出します。

スイングの軌道は、
トップのときのシャフトの角度で決まります。

シャフトが立ち気味だと、
外側から振り下ろしやすくなります。
(アウトサイド・イン)

逆に、シャフトが横に寝たような状態になると、
内側から振り下ろしやすくなります。
(インサイド・アウト)

 

練習している中で、
ボールが特定方向に曲がりやすいと感じたら、
トップでのシャフトの角度を意識してみましょう。

アウトサイド・インが左、
インサイド・アウトが右です。
覚えておいてください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ