ゴルフボールをまっすぐ飛ばすためには手の使い方が大切

ゴルフボールをまっすぐ飛ばすためには手の使い方が大切

ゴルフは手を使いすぎることによって
球を引っかけたり、スライスしたりなどの
安定感をなくす原因となります。

そこで重要になってくるのが、
いかに手を使わないで球を飛ばせるかです。

今回は、球の安定感を
キープするためのドリルをご紹介します。

手の使い方をマスターするためのコツは
いくらかありますが、
道具を使わず気楽に行える方法です。

Sponsored Links


まず、クロスハンドで
ドライバーを持ちます。

クロスハンドのポイントは
右ひじが曲がって、
左ひじが伸びていることです。

プロゴルファーの中には、
一旦クロスハンドに持ってから
持ち替えて練習する人がたくさんいます。

それくらい、ゴルフにおいて
手を使いすぎないことは難しく、

特に右手を引っかけやすい人は、
右ひじが身体から
離れていることが多いです。

そこで、手が使いにくいクロスハンドで
軽くボールを打ってあげることで、
腕を使わずに身体の回転で打てるかの
練習になります。

同じ動きを繰り返し行うことで、
身体と手の一体感が出せるようになります。

クロスハンドで打つ場合には、
距離は期待しないでください。

いかに自分の身体の正面で
クラブを動かせるかを意識しながら、
繰り返し打ちます。

そうするうちに、
自分の中で感じるものがあるはずです。

大体1〜2回程度、
自分で素振りをしてから
打つようにしましょう。

手は打つためではなく
持つための道具として、
目の前の傾斜に転がすくらいの気持ちで
お腹の力で打ってみましょう。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ