ゴルフ練習でするべきウォーミングアップとは

ゴルフ練習でするべきウォーミングアップとは

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

練習の初めにアプローチの練習から始める
ことが多くありませんか?

プロ選手の練習の様子を見てみても、
4~5球ほどピッチングやウェッジ
軽く打っているように見えます。

Sponsored Links


しかし実際は、プロは技術的なものは
会場に来るまでにしっかりと調整していて、

どちらかというと、ウォーミングアップで
終わっている人が多いのです。

また、プロの中にはあえてダックフックや
シャンクばかり打つような選手も見られます。

これはどういうことなのでしょうか?

実は、あえてミスショットを打ってみる
いうことはとっても大事な事です。

みなさん練習場に行くとナイスショット
ばかりねらって打つんですが、

結果、なかなかナイスショットが打てずに、
不安を抱えたままティーグラウンドに
向かってしまいます。

特に朝の練習場というのは20球程度しか
打てませんので、ある程度自分の中で
どういったミスがでやすいのか、

もしくは
自分のスイングの傾向をつかむことを大切にし、
後はしっかりと身体をほぐすことが重要です。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ