ゴルフ インパクトの瞬間の右手の使い方

ゴルフ インパクトの瞬間の右手の使い方

上達をするためには、
一連の動きを連写したイメージを
「流れ」として頭に入れることが大事です。

一部を切り抜いたキマったポーズのところだけを
意識的にまねるのはおすすめしません。

もしもそういう方がいらしたら、
意識を改めてください。

本日はインパクトの瞬間の右手の置き位置について
ご紹介します。

Sponsored Links


インパクトの瞬間の右手の位置のイメージは
どうなっていますか?

その右手が、ボールを押しているように
感じられるという方もいらっしゃるでしょう。

トップオブスイングからクラブが振り下ろされ、
その流れで生じた体の回転によって
「結果的に」右手の位置がそこになるという理屈を
覚えておきましょう。

つまり、右手には
押し出すような力は入っていません。

例えば、重い扉を開けるとき、
手そのものに力を入れているわけではなく、
ぐっと腰に力を入れて開けている、そんなイメージです。

右手には力が入っているというよりも、
むしろ、体の方にぐっと
引っぱられているような感じです。

意識的に右手で押すスイングで球を打つと、
左手や左ひじにも影響が出て、
その左手の状態によりって、
ボールが左右のどちらかに
大きく偏って飛んでしまいます。
「ダッグフック」と呼ばれる状態です。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ