ゴルフ バックスイングの基本!ヘッドの軌道について

ゴルフ バックスイングの基本!ヘッドの軌道について

バックスイングのときの
クラブヘッドの位置を例にお話しします。

プロゴルファーは、
クラブヘッドの位置がそこに来るように
意識的に動かしているわけではありません。

腕を構えたとき、
肘や手首が固定された状態で、
体を回転させている最中の
一瞬の形にすぎないのです。

つまり、スイングしている本人の
背の高さや腕の長さによっても、
位置が変わっても当然のはずです。

Sponsored Links


雑誌やテレビの解説などで、
連写の1枚だけを取り上げて、
「テイクバックの位置はここ」と
断定している場合がありますが、
このアドバイスは誤りです。

位置「だけ」を意識した姿勢をつくろうすると、
逆に、クラブが上がる位置が一定していなかったり、
スイングの打ち始めで体が固まって
その後の動きがスムーズにいかなかったりという
弊害が出てしまいます。

腕から肘、手首は
アドレスで構えた時点から固定し、
背中で体を回転させたときに、
クラブがそれにつれて動いているだけです。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ