ゴルフ ランニングアプローチのコツ、エッジからの寄せ方

ゴルフ ランニングアプローチのコツ、エッジからの寄せ方

動画レッスンは一番下からご覧ください。

今日の練習は、エッジのラインです。

ランニングアプローチの場合は、
ボールを低く出すために右に置きますが、

前方が高くなっている場合は、
鋭角になるように打とうとすると
刺さってしまうので、
インパクトが芳しくなくなります。

Sponsored Links


上がり際に当てるように振ると、
傾斜に沿ってクラブが滑るので、
引っ掛かりがなくなります。

こういう場合は、
逆にボールを左側に置いた方が、
クラブが傾斜に沿ってくれて、
引っ掛かりがなくなります。

下から上に走らせたいときは、
ボールを左に移動させましょう。

エッジから寄せるときは、
パターで打とうとする人もいますが、
パターが使えない場合もあります。

アプローチで調整してください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ