ゴルフ 身体のひねりを使い飛距離を伸ばす練習法

ゴルフ 身体のひねりを使い飛距離を伸ばす練習法

捻転差、つまり体をよじったときの
上半身と下半身の“ねじれ”の差を
カンタンに覚えられるレッスンです。

まず、ゴルフクラブを腰の高さに構えます。
右肩と左肩、そしてクラブを握った両手が
重なったところをつないだときに
三角形をつくるイメージです。

Sponsored Links


その三角形をキープしたまま、
クラブを左右に振ってください。
このとき、上半身だけが動いていますか。

その勢いで、最後に少しだけテンポを速くして
スイングします。

繰り返しになりますが、
厳密にでなく、「大体」の感じで結構ですので、
三角形をキープしたまま左右に振って、
最後に「シュッ」とスイングです。

この練習を繰り返し行うことで、
“ねじれ”というものを感覚として
味わえると思います。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ