シャンクの原因と直し方は?おすすめ練習法公開

シャンクの原因と直し方は?おすすめ練習法公開

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ゴルファーなら1年に1度は出るシャンク病。
シャンク対策についてお話しします。

 

シャンクの原因は、いろんなことがあって
はっきりとはわからないのが実際です。

フェアウェイウッドではクラブの構造上
シャンクが出にくいですが、

アイアンの場合、ネックの所にあたって
シャンクしてしまいます。

シャンクは、クラブを構えた所よりも
根元にあたってしまうのが原因ですが、
しかし、なんで出るのか
原因ははっきりしないのです。

Sponsored Links


一つ言えるのは、
シャンクは上級者に多いので
自分も上達したなと喜んでください。

原因ははっきりしないとはいえ、
ほとんど人の場合、
体が左に流れていることが予想されます。

また、左に流れるのを意識して
体だけ残そうとするけれど、
グリップが前に流れてしまう
場合が考えられます。

解決策として、できればきれいな回転運動を
練習するといいでしょう。

アイアンは、
しっかり左サイドに抜けるように
スイングしましょう。

そうすると引っかかる気持ちになりますが、
身体が左向く前に、
球にあたっていますので
引っかかることはありません。

シャンクの練習方法ですが、
斜面で左足を高いところに置きます。

身体は真っ直ぐにして、
斜面に打ち込む練習をします。

状態をしっかりねじっておいて、
打ち込みます。

この時、身体を真っ直ぐに立って
左足で踏ん張って、
しっかりと打ち込みます。

左足をぐっと踏み込んで、
左わきを締めるのが
ポイントです。

この練習方法だと、
ダウンブローも身に付きます。

手にまめができる位するのが練習です。

軸、中心をしっかりと持つことが、
シャンク病の一番の練習になります。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ