ショートパットが下手くそな方へ、お手軽練習法

ショートパットが下手くそな方へ、お手軽練習法

縦の芯の位置をトレーニングする方法です。

インパクトの時、
パターのソールが地面と接していると、
ボールの芯はパターの上に当たってしまいます。

しかし、
ソールが浮いている状態でヒットをすれば、
パターとボールの芯同士で当てることができます。

つまり、
地面から少し浮かせた状態で
ストロークをすることが必要になってきます。

Sponsored Links


とは言っても、地面からの距離は
なかなか感覚じゃつかみにくいですよね^^;

そこで、ボールの後ろに、
ティーを置いて、それを動かさないように
ストロークをしてください。

そうすることで、芯同士がヒットするような
ショートパットを身に着けることができます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ