スイングのタメの作り方、基本動作とは

スイングのタメの作り方、基本動作とは

アイアンをダウンブローに打つ方法を紹介します。

ダウンブローのイメージは
打ちこむようなスイングではなく、
テイクバックから
フォロースルーを取るようなスイングです。

マサカリを打ちこむような感じではありません。

まず肩幅にスタンスを取りヘッドをセットします。

この時の肩幅は「肩の外側」ではなく、腋
の下に足の外側がくるようなスタンス幅にします。

Sponsored Links


テイクバックでは右肩を引くようにして
身体の軸からねじるようにして、
トップの位置で脱力し左肩の回転に引っ張られるように
腕を下ろすだけでダウンブローはできます。

この時に球の位置が目線から遠くなると
振り回すスイングアークとなってしまうので、
クラブをセットした時に
肩から真っ直ぐ腕を下した位置でグリップするようにします。

あとは腰を開かないように垂直に振り下ろすと、
シャフトが立ってヘッドは遅れますが、
コックを固定しておけば身体の正面まで来た時に
綺麗にインパクトすることができます。

あとはしっかりフォロースルーをとり、
肩・肘・グリップ・シャフト・ヘッドが
一本線になるよう腕を伸ばすようにします。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ