スイング練習でも単純作業にならないようにすること

スイング練習でも単純作業にならないようにすること

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ラウンドというのは、
練習と違い同伴の人が居たりして、
自分のリズムで打つことが難しいです。

そこで、自分の手順をしっかりと
決めておくことが大切です。

例えば、練習場では自分のポジションと
ボールを取る場所、
という2箇所しか移動しません。

ボールを打つ場所も固定されています。

Sponsored Links


そのため、ボールを置く、打つ、
置く、打つという単純作業になりがちです。

しかし、ラウンドではボールを置くときに
打つ方向などを確認します。

練習でも、目標を確認してから
ボールを置く、打つ、という
手順を作っておきます。

それにより、練習と変わらないように
コースに入ることが出来ます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ