ゴルフスイング テークバックで捻転差を生み飛距離を伸ばす

ゴルフスイング テークバックで捻転差を生み飛距離を伸ばすには

テークバックはしっかり肩を回すように

このようにアドバイスをされることは
多いと思います。

ただ、疲れなどがたまってくると、
腰も一緒に動いてしまい、
楽をしてしまったりします。

ゴルフスイングでは、
肩の回転は90度、腰の回転は45度
大切だと言われており、
この捻転が飛距離アップにつながってきます。

Sponsored Links


回転ではなく、捻転です。

肩も腰も一緒に回ると
捻転差がゼロのため、パワーが生まれません。

本来、スイングというのは、
背中や腹筋がきついものです。

横峯さくらがレッスンで
椅子に座ってドライバーを打っている姿
見たことはないでしょうか?

試しに椅子に座って、
一度テークバックをしていただければ
よく分かると思いますが、
右の脇腹や背中に張りをとても感じると思います。

これが正しい捻転差を生んでいる
テークバックなんです。

捻転差のあるテークバックにより、
飛距離はさらに伸ばすことができます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ