スパットを決めるとパッティングが上達するぞ

スパットを決めるとパッティングが上達するぞ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

パッティングの練習方法
についてお話しします。

ボールの近くに、目印になる
スパットを設ける方法で練習すると、

例えカップまでの距離が遠くなっても
安定して打つことができるようになります。

パッティングが上手になるためには、
要するに、ラインを読めたとしても、

自分が思ったところに
ボールを打ち出すことができなければ
ボールはカップに入らないし上達しません。

Sponsored Links


そこで、ボールがぎりぎり一個通るかな
というくらいのゲートをピンで作り、
その間を通す練習をおすすめします。

ゲートをカップから1メートルくらいに設定し、
まずはカップに入ることを目指すのではなく
ゲートを通すことを意識してください。

1メーター先のカップに入れるより、
ゲートを通す方が実は難易度が高いです。

練習とはこういうもので、
本番の状況よりも
難しくすることが練習です。

常にこういう形でゲートを通るようにして、
自分が思ったところに
球を打ち出していきましょう。

パッティングのゲートを通す事だけを
考えればいいので、
とてもシンプルになります。

後は、カップまでの強弱で、
距離を伸ばしていきましょう。

だんだんストロークを強くすると
難易度が上がります。

1メーターから10,20メーター
打つ時の強さでも必ずゲートを通すように
練習するとパッティングの正確度
上がっていきます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ