スライスからドローに変える、簡単な打ち方

スライスからドローに変える、簡単な打ち方

スライスボールを修正するための
簡単な練習方法を学びます。

まずはスライスボールが出る構造を理解しましょう。
そもそもドライバーのフェイスは
曲面になっていて、
この曲面のことをバジルと呼びます。

バジルのお蔭でスイングしてインパクトしたボールは
真っ直ぐ飛ぶことができるわけです。

でも曲面でボールに摩擦を与えると
思わぬ回転が加わり、
ある時はスライスに
またある時はフックになって飛んでいく事になります。

Sponsored Links


もっと細部に見ると
インパクト時に
フェイスのヒール側に当たるとスライス、
センターでストレート、
トゥ側でフック回転となるわけです。

ですからスライスするプレイヤーには
ヒール側に当たらない練習をすればスライスは収まり、
逆にトゥ側に当てて
フックボールさえ打つことができるようになります。

そのための練習方法は2通りあります。

まずショットセンサー
(フェイスに貼るシールでボールの痕が残る)
を用意して、
自分がインパクトとしている部分を確認することが大事です。

その上でヘッドをトゥ側にセットして
スタンスをとるだけでスライスは治るはずです。

もしそれでもヒール側に当たる場合には、
ダウンスイングの時にグリップが身体から離れて、
ヒール側に当たっているのです。

そこで矯正するために50センチほどの
紐に重りをつけ咥えて垂らした状態でアドレスします。

このスタイルでスイングして
紐に腕が当たらなければスライスは納まり、
ドローボールが打てるようになっています。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ