まっすぐになりたい!スライス克服法、アドレスの基本について

まっすぐになりたい!スライス克服法、アドレスの基本について

まっすぐ飛ばしたいのに、
意識せずに右に打球が曲がってしまうスライス。

多くのゴルファーが
陥ったことがある悩みの種です。

ドライバーなど長いクラブを使うと
スライスしやすくなるのも特徴です。

なぜスライスが起こるかというと、
フェースが右を向いてしまっているため、
サイドスピンがかかってしまうからです。

Sponsored Links


スライスを頻発してしまう方の特徴の1つに
アウトサイドインになってしまっている
ということがあります。

肩のが早く開いたり
頭が突っ込んだりすることで、
クラブの動きがアウトサイドインになり
スライスをしてしまいます。

ゴルフクラブを持ったときに、
肩のラインに気をつけることで
この癖は改善することができます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ