まっすぐになりたい!スライス克服法、グリップの持ち方編

まっすぐになりたい!スライス克服法、グリップの持ち方編

そもそもなぜスライスが起こるのかというと、
ゴルフボールにサイドスピンがかかっているからです。

このスライスですが、
ゴルフをはじめて、
最初からしっかりしたドローボールを打つ人は、
少数派と言えるでしょう。

多くの人が、このスライスという問題に
ぶつかってしまうと思います。

サイドスピンによりスライスが引き起こるのですが、
その原因としては、
インパクトの瞬間にフェースが右を向いているからです。

つまり、スイングに
悪い癖がついてしまっているのです。

Sponsored Links


 

スライスを直すためのグリップの持ち方

シャフトに対して
親指がまっすぐになっている人が多く、
その結果フェースが開いた状態になっています。

スライスを直すには、
親指をシャフトのセンターよりも
少し右側にねじって、
左手の甲が見えるぐらいにしてください。

そうすることで、
自然に回してもスクエアに戻りやすくなります。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ