ソールを使え!チップインを狙うアプローチ方法

ソールを使え!チップインを狙うアプローチ方法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ピンまで10ヤードほどの距離で、
左右をバンカーで挟まれたいわゆる花道では
ピンを狙いに行き過ぎてしまい、
大きく超えてしまうという
ミスが起こりがちです。

しかし、クラブのソールを
最大限に活用することで、
ミスがミスにならず、ピンのそばまで
ボールを寄せることが出来ます。

Sponsored Links


ボールのバックスイング方向に
芝を擦らせながら入るイメージで
クラブを振ります。

この時、ダフってもいいや
くらいの気持ちで
手前から滑らせることが重要です。

それだけで、クラブのエッジのおかげで、
ボールは少し上がってくれるので、
ピンに寄りやすくなります。

あとは、ピンとの距離に合わせて、
力加減を調整するだけです。

このように、クラブのソールを
最大限に活用することで、
自然とピンに寄り、ミスがミスにならず、
パーが取りやすくなります。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ