チップショットの打ち方、簡単上達法

チップショットの打ち方、簡単上達法

 

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

今回はチップショットの打ち方です。

アプローチはショットではありませんので、
クラブは短く持ってください。

まず、足はヘッド1個分開いてください。
右足は開かないので、
結果的にボールの位置は
右足の前にくるような感じになります。

Sponsored Links


一旦、グリップを握って姿勢をとります。

フェースに壁をつくるように、
左の腰骨にむけてグリップエンドを
ハンドバースします。

今回のチップショットに関しては
体重は左に多めにかけてください。
だいたい7対3です。

腕の形とクラブで
小文字のyをイメージしましょう。

このyの状態をキープしながら、
肩を回転させ8時・4時
で腕を振ります。

この時、ヘッドではなく、腕の動きが
8時・4時の形になるようにしましょう。
手首の部分は固定しておきます。

ボールは低く、膝よりは上がらない感じです。

特にボールがあたってから腕がほどけてしまうと
フェースが上を向いてしまうので、
ボールがあがってしまいます。
しっかりy字をキープすることがコツです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ