チーピンの原因と直し方

チーピンの原因と直し方

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

プロゴルファーのスイングを連写して、
その1枚だけをピックアップしてまねる、

そんな練習をしていませんか。

実は、その練習方法には
大きな落とし穴があります。
わかりやすく解説しましょう。

ゴルフのスイングは、
連写された一連の動きで

成り立っているということを
お忘れなく。

フォロースルーのときの
腕の位置・形についてレッスンします。

Sponsored Links


フォロースルーの瞬間の
手首が返ったように見える形を
「再現」しようとしていませんか。

意図的につくっている形
ではありませんから、

そこだけをマネしても、
全く無意味なのです。

手首を返すのではなく、
固定したままで、体をターン
させたときについた勢いが、

手首を返した形に見せているだけなのです。

つまり、意識すべきは最初の手首の位置と
ボディーターンでどうクラブを運ぶか
この2点ということになります。

意図的に無理やり
手首を返す練習を続けていると、

クラブは左に偏ってしまうので、
当たる瞬間にクラブの

ヘッドがひっくり返ってフックボールを
生じさせる原因になります。

フックボール連発に心当たりのある方は、
自分の動きを見直してみましょう。

プロの中には、

「左に打つ」

ことを意識して敢えて手首を
意識的に返すという人も
いるかもしれませんが、

アマチュアがそこだけをマネしても、
うまくはいかないでしょう。

あくまで

手首は固定
ボディターンでクラブを運ぶ段階で
結果としてこのような
フォロースルーが形づくられる」

という基本に忠実に
フォームを形成すべきです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ