ドライバーが曲がる時はアドレスに注目

ドライバーが曲がる時はアドレスに注目

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

コースで球が曲がり出したら
何を一番意識しますか。
スウィングですよね。

実は、スウィングができていないことよりも
うまく立てていないことの方が多いのです。

アドレスが大事なことはわかっていても、
いざゴルフ場でプレーをする時に、

誰も立っている方向に
注意していないのです。

スウィングに気を取られすぎて
気にならなくなってしまうのです。

特に、スコアが80台の方は
技術的なことも気にしますが、

意外とアドレスがうまく
取れていないことが多く、
大きく曲がってしまうことがあります。

Sponsored Links


自分の顔の位置とボールの位置は
離れているため、ボールをまっすぐに
飛ばそうと思ったら、

自分の見ている位置より
右に出ているのではないか

思うぐらいに打った方が
まっすぐ飛ぶのです。

また多くの方がまず、
右手をドライバーに添えて
確認してからアドレスを決めますが、

自分の顔の位置とボールの位置は
かなり離れているためずれやすいのです。

よくプロの選手は、
ボールの後ろに立ち目的の場所を見てから
アドレスをサッと決めて打っています。

自分が目標に対して平行に立ち、
クラブは自分に対して垂直に
落としていればボールはまっすぐに
飛ぶのです。

ですが、多くの方は
ボールとクラブの位置を先に合わせてから、

体を合わせ、肩を合わせ、
アドレスを決めます。

このような構え方をしていると
フックやスライスが出やすくなります。

球を打つ時に曲がったら、
スウィングではなく構えがずれている
可能性が高いのです。

目標に向かってまっすぐ立つことは
難しいですが、自分が正しく

目標の方向に向かって立っているのかを
確認すれば、スウィングはよくなるし、
スコアもアップできると思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ