ドライバーでスライスさせないためには右肘が大切!

ドライバーでスライスさせないためには右肘が大切!

インパクトの瞬間に、
体が浮き上がる原因を考え、
それを改めるためのレッスンをします。

ドライバーで右方向に大きく飛んだという
経験はありませんか。

これは、体が伸び上がってしまい、
フェイスが右向きに傾くことで起こってしまいます。

この原因として考えられるのは、
「右手」です。

Sponsored Links


右手はインパクトの瞬間には、
軽いたわみが出ていますが、
遠心力が働いたり、
左手のほうに引き寄せられたりすることで
ぐんと伸びます。

右がぐんと伸びた状態で
押し出すように打つ形になると、
体勢自体が固まってしまいますから、
それを避けようとして、
不自然に手首が返ってしまいます。

この体の伸びあがりのせいで、
ボールが右に大きく飛ぶか、
左にチーピンしてしまうか・・・ということになります。

これを改めるためには、
インパクトの瞬間に、
右腕が伸び上がらないないようにすることです。

トップに振り上げたとき、
右肘は完全に曲がっているでしょう。

この状態をキープし、
右肘が脱力した状態のまま振りおろしてください。

よく、膝の方を問題にする人もいますが、
上半身の動きにつられて
膝が伸び上ってしまうのが原因なので、
膝ではなく、右肘のほうに意識を向けてください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ