ドライバーで球がつかまらないときの対策

ドライバーで球がつかまらないときの対策

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

クラブは縦、体は横に動かせば、
いいスウィングになると
聞いている方が多いと思います。

シャフトをバックスウィングの時や
フォローの時に、クラブを
少し立たせようと思いますか。

実は、そうすると
スライスが止まらなくなったり、

球が当たらなくなったり、
飛ばなくなったりしてしまうのです。

基本的に、感覚的な表現なので
間違いではないのですが
言葉どおりに取ってしまうと

思いきりクラブを縦に振ることで
戻せなくなっているのです。

Sponsored Links


特に、レッスンで足をそろえて
シャフトをバックスウィングと

フォロースウィングで
縦に縦に振る練習がありますね。

手を返す練習でバランスを
保ちながら球を打つのは、

うまく当たることにはなりますが、
スピードが上がってくると、

球がつかまらなくなり
スライスしてしまうのです。

朝やお昼一番のティーショットなど、
体がうまく回っていない時ほど
縦に使おうという意識は、

球がつかまらない状況に
なってしまうことが多いのです。

ここで、その対策を教えたいと思います。

目線の高さまでクラブヘッドを
持ってきてクラブは横に使うイメージで、
左右に振ります。

このまま自分が前傾している高さまで
クラブを戻してみますと、

クラブは、勝手に上がって下がって
上がるという動きになります。

腕は横に振っている感覚で、
肩が縦に動いている感覚を持つことで
クラブは自然に振れるようになるのです。

ですから、縦に振っていて
スライスが止まらないという方は、

横に振って、徐々に前傾を作って
球を打ってみて下さい。

そんなにすぐには直らないと思うので、
あくまで感覚が少し変わるだけで
構いません。

体の回転とクラブのターンが
同調するので球がつかまりやすくなります。

球が右に流れていく動きは
縦にクラブを振りすぎるのをやめることで

かなり改善されると思いますので
是非、試してみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ