ドライバーで真っ直ぐ飛ばすには曲げろ!

ドライバーで真っ直ぐ飛ばすには曲げろ!

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

曲げたくなければボールを
曲げるつもりで打ってみましょう。

ティーショットを打つ時は
まっすぐ打ちたいと思いますか。

クラブはフェースの面を
回転させる軸がシャフトにありますので、

まっすぐ当たって100%
まっすぐ飛んでいくのは
すごい確率なのです。

まっすぐ飛んでいるように
見える球も回転がかかっていて、

その回転が強いので
まっすぐ飛ぶのですが、

多少右や左に曲がっていく
要素もあるのです。

Sponsored Links


なかなか打てないまっすぐを狙うと
スウィングにプレッシャーがかかり
力みがかかってしまうので、

あえてスライスやフックを
意図的に打ってみて、

それが実際に曲がるかを
見ていきたいと思います。

それほど広くないフェアウェイで
曲げるつもりで打っても
意外と収まるのです。

今のクラブは、
スライスを防ごうとする機能が
たくさん詰まっているのです。

けれども、皆さんは
スライスを怖がってしまい、

インサイドアウトに振った方が
球がしっかりつかまると思い振りますが、

結果的にはヘッドがターンしてこないので
プッシュアウトしてスライスをしてしまい
OBをしてしまう方が多いです。

もっとクラブの機能を
信じてもよいと思います。

スライスを打とうと意識すれば
立ち位置も軽く左に向きますし、

軌道が見えるくらい振っても
フェアウェイの中に収まるのです。

少し球を左右に曲げてみることも
してみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ