ドライバーとアイアンの打ち方の違い!ボールの位置が重要

ドライバーとアイアンの打ち方の違い!ボールの位置が重要

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

アイアンとドライバーの違いからお話しします。

まずアイアンですが、
最下点の手前でボールを打つと
ナイスショットになります。

この場合、ボールの先のターフがとれます。

次にドライバーですが、
ドライバーは角度がないので、
最下点の手前でボールを打つと壁になってしまい、
ボールが上がらなくなってしまいます。

Sponsored Links


角度がない分、ボールを若干左めにおきます。

ボールの位置をずらすというよりは、
アイアンよりも足を大きめに開くということです。

おへそを中心にして構え、クラブの円が落ちて
上がるときに当てることによって、
楽にボールが上がるようになります。

姿勢については、ドライバーはクラブが長いので、
前傾になりすぎないように注意し、懐を深くします。

アイアンとの打点に注意しながら練習しましょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ