ドライバーのきれいな基本フォームを身につけよう

ドライバーのきれいな基本フォームを身につけよう

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ティショットの際、
体の動かし方で飛距離が変わってきます。
まずは、構えた後に、左肩を下げます。

その位置から、
車の右折のように
大きく右にクラブを大きく上げます。

その後すぐに
左折、つまり左に一気に振り下ろします。

Sponsored Links


後ろから見ると、
右折から左折までの流れの中で
ヘッドが円を描くように
動いているのが理想です。

そこに体のひねりを加えることで、
きれいなフォームが出来ます。

きれいなフォームで打つことで、
飛距離が伸び、安定感が出るのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ